阿佐ヶ谷どうでしょう。

阿佐ヶ谷のディープな飲み屋~88箇所を巡ります。


FILE No.001

Cotton Wagon


センセイのコメント

ハヤトのコメント


我らが88カ所めぐりの、記念すべき第一カ所目です。2010年12月17日。とりあえず、知人のアリちゃんの店からスタート!

一番街を駅側から直進すると、なかほど右側にラブホがあります。一階にある阿佐谷カフェの角を右折したところも、結構濃い飲み屋街。右手に「ケクー」があり、その向かいがめざす「Cotton Wagon」です。左となりは阿佐谷一の謎の店といっていい「お茶漬け 竹本」。著名料理人が通うという、スーパーグルメの店だそうです。しかし私はまだ予約を取れません。右となりは「ドローバー」。

居抜きでスナックを借りたのか、怪しくも紅いチューリップ型のライトが三つ、ぶら下がっています。そのせいで店内は紅く染まっています。カウンターのみ、10席ほど。「阿佐谷美代子気分」チック、70年代な内装というか。

壁の棚にはずらりと酒瓶が並んでいますが、こだわりがあるわけではないらしい。喜界島にフォア・アンド・ローゼスてな具合。稀少な酒でない限り、頼めば買ってきてくれるらしい。そのままボトルキープ、というわけですな。

毎日三種くらい、つまみは作っているそうです。この日は豚生姜焼き、手羽元とダイコンの煮物とかでした。私は手羽元ダイコンとハイボールを頼み、900円なり。激安ですね。

パソコンで音楽を鳴らしています。ブルースとかロックとか。情けない話をする一見客も、アリちゃんはしっかり相手してくれます。なんだか、色っぽいねーさんです。片岡東洋の漫画に出てくる「ぐち聞き屋」みたいだな。

小生がアリちゃんと最初に会ったのは銀行前のおでんの屋台。かれこれ15年とかの知り合いです。私の記憶では、その後、いちょう小路の「シカゴ」にいつき、シカゴが新高円寺に出店した「Oil City」の雇われママとなります。しばらくして同店が店じまいして顔を見なくなったと思ったら、いちょう小路で「Cotton Wagon」のママとなっていたのでした。さらに同店が閉まると、「うさぎや」先の新「Oil City」に復帰。その間、蕎麦屋や和菓子屋、西川布団にもいたような・・・。それでこのたびめでたく、新「Cotton Wagon」を開店されたのでした。

開店19時、閉店朝5時。そして安い。阿佐谷を象徴するような店ですね。アリちゃんによれば、「シカゴチルドレンですから」。安くていつもやってる、どんなにだらしない酒飲みでも受け入れてくれる・・・「シカゴ」のブルース魂が大遺伝しています。

ミッドナイト阿佐谷の入門編には、最適の店と思います。電話は08050632218。アリちゃんの直電ではなく、お店用のケータイですので、そこんとこ誤解なきよう。

(センセイ)



2010年12月17日。ひょんな事からスタートした阿佐ヶ谷88箇所巡り。

「行きましょう!」っと言ったものの、実は阿佐ヶ谷で飲み歩くのはいつも一定のお店。

どこも知らないな〜っ考えていたところ、センセイのお知り合いが経営されている「Cotton Wagon」へ行こうとのお声が。

阿佐ヶ谷駅南口をでて、左手に行くと一番街に入り直進。阿佐ヶ谷住民御用達(?)のラブホテルを目印に行きます。ラブホテルの1階には「阿佐ヶ谷カフェ」(通称アサカフェ)と言う、これまた深夜迄やっているおすすめカフェバーが有ります。(ここはまた次回にでもレポートします。)

このカフェを右手に曲がり、進むとまたディープないい感じのお店が並んでいます。
そのならびに、「Cotton Wagon」が有ります。

店内に入ると、赤っぽいテイスト柔らかく、そしてゆる〜い雰囲気が漂います。お店を切り盛りしているのは、アリカワさんと言う女性の方で。センセイの知人らしい。何となくアリカワさんの雰囲気が店全体に出ているのか。それとも阿佐ヶ谷全体がそうなのか。とにかくいきなり馴染みやすいです。

一人で行ってもこの感覚は充分に味わえそうです。

手作りのおつまみ(おばんざいと言うのかな?)が3品程有り、この日はセンセイと共に手羽大根を食しました。やはりなんだろう。女性の手作りで、大根料理+お酒と言うのは最強です。

また、アリカワさんがとても良い感じの女性でして、油断すると虜になっちゃうのか!?
っというぐらい、笑顔というか、なんと言うか、雰囲気が良く、明るく向かえてくれました。

一人でも、温かく向かえてくれる、これが阿佐ヶ谷の「良き呑み処」なのかな。
地域に溶け込んで、THE街の呑み処と言うイメージには非常にぴったりなんじゃないでしょうか。

また飲みに行こっと。


Shop Information


店名:

電話:

住所:

Web:


“Cotton Wagon” への1件のコメント

  1. 廣澤 より:

    「お茶漬け 竹本」さんがまだ営業しているか知りたかったので、メールしました。オーナーは、関西割烹「銀座 出井」の料理人だった人です。客単価4万円から5万円と言う高級割烹です。そこの倅が後を継いだ時退職したそうですが、器も一流品を使用しているので、酔っ払いに来られると困るので「お茶漬け」の看板を上げているとの事でした。北海道産の棒タラを手配したことがあり、その関係で食事に行きました。多弁な奥さんが仕切ってますが、旦那さんは寡黙な一流の職人さんです。銀座出井の料理を半額くらいで食べられるのではないでしょうか。素材を吟味しているので予約は必須です。東京には、所々こう言う店があって、足で探すのが醍醐味ですね。

廣澤 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本サイトでは、対象店舗から異議が出た場合、「センセイ」および「ハヤト」の文章表現を変える可能性があります。
同様に投稿者のコメントも、管理者の判断で表現を変えるか部分的に削除する可能性があります。ご了承のうえ投稿いただきますよう、お願いいたします。

最近のエントリー

カテゴリー



阿佐ヶ谷どうでしょう。