阿佐ヶ谷どうでしょう。

阿佐ヶ谷のディープな飲み屋~88箇所を巡ります。


俺ん家


センセイのコメント

よるもすIちゃんのコメント


阿佐ヶ谷の入りにくい飲食店を訪ねて、その59。

阿佐ヶ谷に「アイツ」が帰ってきた!

一人営業なのに「24時間オープン」という、誰がどう考えても無理な経営方針が奇抜すぎたか、閉店したラーメン店『俺ん家』。
その後、跡地には何軒か居抜きでごく普通のラーメン屋が経営されていた。
だが昨秋、深夜に煌々と看板が灯り、『俺ん家』とあるではないか。さっそく入店してみた。

ホントだ。ヨーチャンが、木彫りの人形みたいな満面の笑みのままで立っている。
いろいろと聞く。
要約すれば、香港も含め7店舗の営業を経て阿佐ヶ谷へ回帰したというのだ。
今回は24時半から9時まで。
ああ、さすがのヨーチャンも睡眠時間を取るようになったのかと奇妙な納得をした。

カウンターには、寿司台が一席ずつ固定されている。
メニューを尋ねると「寿司と焼き鳥ともつ煮込みとラーメン」。
やっぱり変だ。

手袋を忘れて帰ったので再訪して、しばし談笑。
ヨーチャン、最近は阿佐ヶ谷に住んでるらしい。そこで朝9時の閉店後に睡眠を取っているのかと思ったら、驚愕の新事実が。

「いや、朝10時から東陽町で店をやっているんで、そっちに行ったり」

そっちも経営していると。なんだ、やっぱり24時間仕事態勢は変わらないじゃないか。AVの村西とおる監督は1日36時間働こうとしたらしいから、同タイプなんだろうか。アイツはやっぱり変わっていなかった!
「自分にブラック企業」な人格である。

そこで今回は「よるもすのたり」担当、ヨーチャンのおかしさを散々吹き込んでおいた料理人Iちゃんと24:30を待って再訪。
どえらく明るい照明のカウンターには、先客の女性がお一人様でサワーかなんか飲んでいる。我々もさっそくビールで乾杯。

あれ、カウンターの寿司台なくなってるじゃない。
やっぱりカウンターで仮眠を取っているのか?

いつの間にか漫画本の棚が出来てる。色紙とフィギュアも整列。

ワタシはニラのおひたしを注文する。いつものごとくヨーチャンは超高速で茹で、水をくぐらせる。それだけの料理なんだが、笑いながらコマ送りのような動きで作られると見入ってしまう。すぐ完成。醤油をかけると微妙に美味いな。

メニューが増殖している。「イタリアン風玉子焼」って何だ?裏メニュー「見た目ラーメン 蕎麦」とか。メニューに書いてあったら「裏」にはならなそうなもんだが。

その中から「ざるうどん」を注文。氷に乗って出てきた。ネギをかけて食べる。

いろいろいとおかしい。
朝まで営業、阿佐ヶ谷最終地点は「暖流」というのが定説ではあるが、それに挑戦する店ですな。

(センセイ)



お暑うございます。
今年の夏も猛暑まちがいなしを感じさせる今日この頃です。

予感だけで夏バテしそうなわたしに、いつもお肌ツヤッツヤのセンセイからのお誘いです。
「24時間働きっぱなしの面白い店主がやってるお店があります。いつ倒れちゃうか分からないから早めに訪問しましょう」

うそでしよ。24時間働きっぱなし?
わたしなら3日で死んじゃいます。
心配なのですぐに訪問

場所は阿佐ヶ谷でも一二を争うディープな通り「一番街」。
派手な緑色の電飾看板が目印の「俺ん家」です。

深夜0時半から営業開始。

何でかというと、他でももう一軒お店をやっているからだそうで、それで合計24時間営業。
普通じゃありません。
「それでね、ラーメン居酒屋なのに握り寿司もあるんだよ」
って、無茶苦茶ですね。

なんでもいいから、入っちゃいますか。



カウンターに陣取るやいなや
「あれぇ?寿司下駄なくなっちゃったの?」
と、センセイ。
カウンターに固定してあったんだとか。
「だれも寿司頼んでくれないし、邪魔だから取っちゃいました」
と明るく答えるのが、「俺ん家」の俺、店主のよーちゃんです。

「あれ、墓石だったんですよね」
と、奥から撤去した寿司下駄を持ってきて見せてくれます。
「そうだったんだぁ。あった方が面白かったのに〜」
無くても十分面白そうですけどね。

店内には何屋さんなのか完全に見失いなう程の溢れかえるメニューが。
種類豊富なラーメンはもちろん、中華太麺使用のナポリタンやイカスミ麺、鰆の西京焼きやブタハラミ炙りステーキ等のちょっとした一品料理からもつ鍋(一人前から)、生姜焼き定食等のお食事セット、一貫80円均一の握り寿司と軍艦巻、謎の痛風四種盛や月がわり裏メニュー(見た目ラーメン蕎麦?)・・etc。
一品勝負のお店が急増する昨今、完全に逆行しています。しかも、ひとり営業なのに。

センセイはニラのおひたしを、わたしは恐る恐る海老といかの握りを注文。
作り置きではなさそうなのに、直ぐにお料理が出てきます。
ニラのおひたしも問題の握りも普通に美味しいし、ちょっと笑えるよーちゃんの素早い動きは見ていて飽きません。



「なんでこんなにメニューが増えちゃったの?」
「うーん、やってるうちにね。
前はもっと多かったの。スパゲティ100種類とかもやってたから」
そうですか、すみません。これでも減ったのね。

黒糖焼酎の水割りをおかわりしながらまったりしていると、大概のことは本当にどうでもいいんだと思えてきて、店内にはかかっているはずの無い「ええじゃないか」が聞こえてくるようです。

ちなみに店主のよーちゃん、現在は阿佐ヶ谷店のみの営業で、24時間働いてはいないようです。
安心しました。
不思議な幸せ感のあるよーちゃんには、元気に永く営業し続けてほしいものです。

くだらない理由で人生に行き詰まったような気がした時、出社拒否したい朝、出勤前に立ち寄ってみたらどうでしょう?
朝9時までやってますから。

冗談ですよ。

ええじゃないか

(40代。ミュージシャン妻・料理人)


Shop Information


店名: 俺ん家

電話:

住所: 東京都杉並区阿佐谷南2-20-7 1F

無休
24:30~9:00

Web:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本サイトでは、対象店舗から異議が出た場合、「センセイ」および「ハヤト」の文章表現を変える可能性があります。
同様に投稿者のコメントも、管理者の判断で表現を変えるか部分的に削除する可能性があります。ご了承のうえ投稿いただきますよう、お願いいたします。

最近のエントリー

カテゴリー



阿佐ヶ谷どうでしょう。