阿佐ヶ谷どうでしょう。

阿佐ヶ谷のディープな飲み屋~88箇所を巡ります。


FILE No.010

Rudie ルーディー (閉店です。阿佐ヶ谷の音楽はどうなるんだろう…)


センセイのコメント

ハヤトのコメント


「入りにくい店」の条件にもいろいろあるが、建物の「廃墟度が高い」のもそのひとつ。

駅西のスマイルホテル向かいの乾物屋「小島屋」から西方、荻窪方面に二本の道が出ている。「Rudie」その左方、線路から離れた方の道をしばらく行ったところにある。「廃墟度」ではかなりいい線行っているでしょ?

昼間に見れば、どうみてもアパートの建物に、夜半にはチカチカと豆電球が電飾代わりに瞬いている。外には、ボロけてささくれだった椅子が放置されている。

「舞子」からの流れで、バンドでベースを弾いている男子Kちゃん、J、Gとハヤトの五人連れ。ギリギリとドアを押す。「く」の字のカウンターのみ、狭い店内。「いや~一杯なんです、すいません」と長髪で安斎肇っぽいマスター。帽子つき。「いや、でも立ち飲みで構わないんで」と強引に入店する僕ら。

なんというか、店内には壁といい天井といい、いろんなものが吊ったり貼ったり。トイレに入ると、ムーミンや手書きのデッサン、えべっさん、耳飾り、ヌード等、もう無差別にいろいろ貼ってある。

あ、痛え!!トイレから出る際、ステップ踏み外した!前のめりにこけて膝打った。

まあ、そんな具合だが、とりあえずは注文。皆はサングリアとか頼んでいる。Kは電気ブラン。

なんといっても、かかる音楽が素敵である。ここで音楽要員、ベース弾きKちゃんの出番だ。私はなになに、と横から聞いているだけなのだが。

「かかっているはネオアコだな」とK。奥の客とKがフジロックとサマソニの話で盛り上がってる。私には謎だ。

マスターが、「お客さんはどのコンサートが一番良かったっすか?僕らはマヌチャオで・・ライブはねたあと、恵比寿の交差点でヨーロッパのサッカーの後みたいに客が盛り上がって」なんて話をしている。

「あ。ほんとにマヌチャオがかかった」とJ。彼女は1年間、パリにいたんで、詳しいのである。楽器的な声だ。何語なのか?「レアルマドリードにいそうなイケメンなの」ハヤトも参加して、盛り上がってる。私はよく分からんが、ま、渋さ知らズみたいなもんだろ、と勝手に合点。

開店して、10年くらいにはなるらしい。向かいの「熊ん子」は閉店して数年。終戦直後からあった著名な文壇飲み屋だったが、もうやっていない。しかし、ここの話は他店ではあまり聞かない。阿佐谷では独立派なんだろうか。

「いや~ウチは北アイルランドみたいなもんで。国旗がムーミンかな?」

タクシーで乗り付けるも、酔って前後不覚、金が払えない人とか、客も変なのだそうだ。もっとも、代わりには払わず放置するらしいが。

我々が入店したのが午前3時とかだから、それくらいまでは余裕で開いてるようだ。「不定休ですよ~、なんせ、気が付いて起きたら夜中の12時だったりして」と佐世保出身、なかなか感じの良いマスターは自然体である。

5人で計5300円。ハヤトは途中から顔面蒼白だったが、大丈夫だったでしょうか。

(センセイ)



阿佐ヶ谷巡礼10箇所目(記事アップ順です)

スナック舞子から続くこの日の3件目。


この時の僕の状態はhttp://asagaya.dodesho.net/?p=312です。


ええ、もちろんやらかしてます。
はい、酔っぱらってます。


が、断片的に、そしてうっすらと残るその記憶を紡ぎ合わせて書き綴ります。それもまた、阿佐ヶ谷どうでしょう。


前回の記事で書いた、a href="http://asagaya.dodesho.net/?p=312" target="_self">スナックバー舞子を意気揚々と出て、深夜の冷たい空気で深呼吸をしていたら、知らぬ間に僕はその店の前にいました。


ハヤト・イン・ワンダーランドの始まりです。


外見は中々年期の入ったアパートですが、ドアがやっぱり「お店風」のドア。やっぱりお店なんだろうなと考えさせられます。何も知らなければ踏み入る事は無かったでしょう。

見た目はちょっと重そうなドアを開けてみればカウンターがくの字で並び、薄オレンジの照明で全体的に暗めなのだが、雰囲気が明るい。この店に足を踏み入れて最初に思ったのは1960〜70年代のアメリカ映画に出てくるバーの様なイメージでした。

朝方になりそうなのにも関わらず、店内は常連さん達で満席。賑やかにみんな仲良く盛り上がっている!こういう雰囲気はとても好き。箱は小さいのですが、やたらと賑やかで活気のあるお店です。

音楽をやっている人が多いのか、音楽系の話に花が咲く。
Kちゃんが隣の人と音楽トークで盛り上がっている間、リッチー・ヴァレンスのラ・バンバの会話でJちゃんと店長と盛り上がったような気がする。やっぱり好きな曲や映画の話で盛り上がるのは楽しい。


店内の雰囲気、音楽、喧噪が別世界にいるような気にさせてくれました。
果たしてそれが酔っているのか、店内マジックと感じるかはあなた次第。


しかしこの日、僕はここで頂点を向かえました。
この後、僕は愚行を行います。


センセイが色々とお店に関して聞き入ってる隣でぐったり。KちゃんやJちゃんなどに、俺の顔何色?何色?などと聞き回っている始末。どうも端から見ても蒼白だったそうなので・・・


先帰っちゃいました。。。


阿佐ヶ谷どうでしょう始まって10箇所目で、ついに逃亡事件が発生です。
もちろん家に帰った事は覚えていません。

いやぁ、センセイ、Kちゃん、Jちゃん、ごめんなさい。本当に申し訳ない。
追試みたいな感じでもう一回行ってきます。


Shop Information


店名: Rudie

電話: 調査中

住所: 東京都杉並区阿佐谷南3丁目38−24 昭和荘1F (住所は正確ではないかもしれません)

Web:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本サイトでは、対象店舗から異議が出た場合、「センセイ」および「ハヤト」の文章表現を変える可能性があります。
同様に投稿者のコメントも、管理者の判断で表現を変えるか部分的に削除する可能性があります。ご了承のうえ投稿いただきますよう、お願いいたします。

最近のエントリー

カテゴリー



阿佐ヶ谷どうでしょう。